Fullmiere

ホーム / パター版FAQ
FAQ (よくある質問)

FAQでは、ご購入を検討中のお客様からよくあるご質問や、使用方法に関する疑問、トラブル発生時の解決方法などを、Q&A方式で説明しています。

FAQ一覧

よくあるご質問

レフティでも使用できますか?

ご使用いただけます。

フルミエルパターアプリのクラブ選択画面で [編集] をタップし、クラブ編集画面で [打ち方] を「左打ち」に設定してから測定してください。

長尺、中尺パターでの測定は出来ますか?

長尺パター、中尺パターの測定については対応しておりません。

Fullmiereパターアプリのインストール方法は?

Fullmiereパターアプリのインストール方法については以下のページを参照ください。

Fullmiereで測定したスイングをFullmiereパターでも見る事は出来ますか?

ご覧頂く事は出来ません。Fullmiereパターで測定したスイングのみ閲覧できます。

センサーのゴルフクラブへの装着方法は?

フルミエルパターに同梱されている『使い方ガイド』の「7 ゴルフクラブに装着する」を参照してください。

海外に滞在・在住していますが、Fullmiereパターアプリをダウンロードできますか?

日本国内でのみGoogle Play、またはApp Storeであれば海外からFullmiereパターアプリをダウンロードできます。
但し、日本国内向けのサービスとなりますので、保証書の注意事項をよくお読みください。

すべてのAndroid機器で使えますか?

以下の仕様を満たしたスマートフォンまたはタブレット端末でご使用になれます。

Android OSバージョン: 2.3.3~4.x搭載
Bluetooth Ver 2.1+EDR、SPPプロファイル対応
ストレージ(SDカードまたは内部ストレージ)を搭載

センサーの動作確認機種については、「動作確認機種一覧」をご確認ください。未記載の機種については、動作を確認でき次第、順次公開いたします。

iOS版のパターアプリはありますか?

App storeからダウンロードして頂く事が出来ます。
尚、iPadをご愛用の方はiPhoneアプリと兼用となりますので、
iPhoneアプリで「フルミエルパター」を検索してください。

フルミエルのホルダーは使用できますか?

ホルダーの取り付け位置が異なるためパター専用ホルダーをご使用ください。

センサーは新たに購入する必要がありますか?

センサー自体の再購入は必要ございません。フルミエルで使用していたセンサーをそのままご利用いただけます。


正しく測定するために

測定結果が正しくありません

センサーが装着されているクラブとアプリで設定するクラブ情報が一致しているかを確認してください。

フルミエルパターのクラブ選択画面で [編集] をタップし、クラブの種類をタップすると、ブランド名、ヘッドの種類、クラブ長、ライ角、ロフト角を設定できます。

正しく測定出来ません。

センサーの取り付け位置は正しいでしょうか。再度取付け方法を確認してください。


トラブルシューティング

測定したデータを表示すると、ヘッドの軌跡の色がおかしく、アニメーションをするとチカチカしてしまいます。 (Nexus 10でのみ確認済み)

以下の様な手順で、スマートフォン/タブレットのHWオーバーレイの機能を無効にしてください。

1. スマートフォン/タブレットの"設定"の"端末/タブレット情報"の中の項目にある、"ビルド番号"を7回連続でタップします。
2. 「これでデベロッパーになりました!」と表示されたら、"設定"に戻ります。
3. "設定"の項目の中に、"開発者向けオプション"が新たに表示されているので、タップします。
4. "開発者向けオプション"の項目の中にある、"HWオーバーレイを無効"をタップしてチェックマークをつけます。

静止状態が判定できません。

クラブやセンサーが振動しているため、静止判定ができません。
・アドレス時に、センサーとクラブが静止しているか確認してください。
  クラブヘッドを地面に付けて静止すると判定をしやすくなります。
・改善されない場合には”メールでのお問い合わせ”の「製品に関するお問い合わせ」からお問合せください。

測定結果の閲覧中にアプリが強制終了してしまいます。

お使いの端末のメモリが不足している可能性があります。
動作確認機種については、「動作確認機種一覧」をご確認ください。未記載の機種については、動作を確認でき次第、順次公開いたします。

ホルダーがずれる/外れる/取り付けられない

ホルダーに本機を取り付ける際、固定されるまでしっかりとスライドしてください。ホルダーの取り付け方法については、こちらのページを参照してください。

測定できない/測定エラー

素振りで測定をされていないかご確認ください。測定にはゴルフボールを打ったときの衝撃が必要となります。
またホルダーの設置位置は正しいでしょうか。再度ご確認ください。

スイング測定

お手本スイングAとは?

Fullmiere関係者のスイングデータとなります。

実際のパッティングと比べて転がり距離が短くなります。

フルミエルパターの転がり距離の計算では、傾斜のないグリーンで測定したと仮定して計算しております。
またスティンプも傾斜のないラウンド前のグリーンの速さを元に設定されています。
従ってアプリで表示するグリーンの速さ(スティンプ)は、実際のコースや練習グリーン等で体感する速さよりも遅く、距離が短いと感じることがございます。
その場合には、スティンプの値を調整ください。

実際のパッティングと比べて転がり距離が長くなります。

フルミエルパターの転がり距離の計算では、ボールがクラブヘッドのスイートスポットに当たったと仮定して計算しております。従って実際にスイートスポットに当たっていない場合のパッティングでは、長い距離が算出されることがあります。

パター版の測定結果について

■アドレスからの高さ
アドレス時のクラブヘッドの位置から、パッティングのトップの位置までの高さとなります。

■転がり距離
ボールをパットした地点からボールが止まった地点までの、ターゲットライン方向の距離です。

■スティンプ
パッティングを測定した時に設定されていたグリーンの速さになります。

■スイング軌道
インパクト直前のターゲットラインと、ヘッドの進行方向ベクトルの水平方向成分が成す角度です。 左右ヘッド入射角がプラスの場合、ターゲットラインに対して、ヘッドの進行方向が奥側(測定者が立っている側と逆側)に向いており、マイナスの場合ヘッドの進行方向が手前側(測定者が立っている側)を向きます。

■アタックアングル
インパクト直前の地面と平行な線と、ヘッドの進行方向ベクトルの垂直方向成分が成す角度です。 アタックアングルがプラスの場合、地面と平行な線に対してヘッドの進行方向が上に向いており、マイナスの場合ヘッドの進行方向が下を向きます。

■ボール回転方向
インパクト直後の、ボールの回転方向です。

■ロフト角
インパクト直前の、クラブのフェース面と、地面と垂直な線が成す角度です。
ロフト角がプラスの場合,ターゲットラインに伸びた水平線に対してフェース面が上を向き、マイナスの場合フェース面が下を向きます。
クラブのフェース面と地面と垂直な線が平行なとき、ロフト角は0°となります。
 
■ライ角
インパクト直前の,クラブのシャフトと、地面と水平な線が成す角度です。
ライ角がプラスの場合,クラブヘッドがグリップよりも上方にあり、マイナスの場合クラブヘッドがグリップよりも下方にあります。
クラブのシャフトと地面と水平な線が平行なとき、ライ角は0°となります。

■タップ/ストローク
パッティングストロークのタイプを、タップ、ややタップ、標準、ややストローク、ストロークの5段階で傾向を表示しています。